Let's Play Badminton


実在の人物、バドミントン初心者Nさんは大人になってからバドミントンをはじめ、地元のサークルで一生懸命練習するもなかなか試合で勝てませんでした。

そんな主婦Nさんと出会い、私が学んだ練習法を伝え、バドミントンの考え方を伝えました。

半信半疑だったNさんが、その後どうなったのか?

Nさんの不思議な体験を7日間連続でお送りします。
あなたにも当てはまる体験があるかも?

お名前
メールアドレス

シャトル型イヤホンジャック

 

バドミントン専用ソックス(男性用)

 

バドミントン専用ソックス(女性用)

 

バドミントンシャトルキーホルダー

 

バドミントンミニラケット

 

アクセサリー バドミントンシャトル

歴史を知ろう

バドミントンの歴史

色々な説がありますが、最も有力とされている説は以下の通りです。

元々は1820年代にインドのプーナで行なわれていた「プーナ」(Poona)という皮でできた球をネット越しにラケットで打ち合う遊びを、当時イギリスの植民地であった、インドから帰ってきたイギリス人兵士(イギリスとインドの混血とも)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスターシアのバドミントン荘という邸宅であったため、バドミントンという名称がついた。また、英国にはバドルドーアンドシャトルコック(バドルドアアンドシャトルコックとも)という、 シャトルコックに似た球を打ち合う遊びが、プーナ伝来よりも遥かに昔から伝わっている。その競技の性質や、名前などから、バドルドーアンドシャトルコックが次第にバドミントンへと変化していったという説も信憑性が高い。初期のバドミントンはバドミントン・バドルドアと称していることも、この説を裏づける。 ともあれ、1860年代-1870年代ごろに誕生したらしいバドミントンは次第にイギリス中に普及していった。その後、1893年、ルール統一の必要性から、イギリスにバドミントン協会が誕生。プレーする人数や、コートの広さ、マッチまでの得点などが様々だったが、これ以後、ルールの統一が進んでいく。当時のバドミントンは、バックバウンダリーラインから、ネットに向けて狭くなっていく、バスケットボールのフリースローレーンのような形のコートを2つ合わせたような形であった。これは、バドミントン荘がそのような形状であったから、というのが定説である。1899年にはロンドンで第一回全英選手権が行われ、1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年に世界バドミントン連盟が誕生した。

Wikipedia より引用

近年のバドミントン

1972年のミュンヘンオリンピック、1988年のソウルオリンピックでは、公開競技として行われた。 1992年のバルセロナオリンピックより正式競技種目として採用され、以後、2012年のロンドンオリンピックまで、 実施予定競技として決まっている。

Wikipedia より引用

日本国内でのバドミントン

国内でのバドミントン人口はどれくらいいるのか? この答えは、かなり難しい。 なぜなら、競技としてバドミントンをプレーしている人から、レクレーションとして娯楽でバドミントンを 楽しんでいる人までいるからである。 例えば、日本バドミントン協会によると、バドミントンの選手登録者は平成15年時点で 約19万2900人であり、19年には約22万7400人にまで増加したとある。 近年の「オグシオ」ブームなどの効果で、年間5000人以上愛好者が増えているようだ。 ただ、協会に登録せず、地区の大会にも出場しない人まで含めると、この数字は数倍にも 膨れ上がるだろう。 どこまでを、バドミントン人口と呼ぶのか? そのラインを引く基準がとても難しいと思える。

history_photo