Let's Play Badminton


実在の人物、バドミントン初心者Nさんは大人になってからバドミントンをはじめ、地元のサークルで一生懸命練習するもなかなか試合で勝てませんでした。

そんな主婦Nさんと出会い、私が学んだ練習法を伝え、バドミントンの考え方を伝えました。

半信半疑だったNさんが、その後どうなったのか?

Nさんの不思議な体験を7日間連続でお送りします。
あなたにも当てはまる体験があるかも?

お名前
メールアドレス

シャトル型イヤホンジャック

 

バドミントン専用ソックス(男性用)

 

バドミントン専用ソックス(女性用)

 

バドミントンシャトルキーホルダー

 

バドミントンミニラケット

 

アクセサリー バドミントンシャトル

バドミントンのはじめかた

近くの市役所(役場)などの体育協会へ問い合わせ
市町村のバドミントン教室がないか教えてもらう
教室があれば申し込み
教室で地域のサークルなどを紹介してもらう
上記のように、市役所に行くのが気後れするなら

まず、体育館を訪ねてみましょう

バドミントンを始めたいと思ったらまずは近所の体育館を訪ねましょう。
なぜなら、バドミントンというスポーツは、必ず体育館で行われる競技 だからです。
体育館に行けば、色々なサークルやクラブがきっと見つかります。
体育館の事務員さんに、それぞれのクラブの活動時間、曜日などを聞きます。
そして実際に見学に行きます。
いくつかのクラブを見学すると、自分にあったレベル・雰囲気のクラブが 見つかるでしょう。
ここまできたら、あとは思い切って仲間に入れてもらえるか、直接訪ねるのが 一番早いです。
メンバーを募集しているようなら、参加費や規則などを教えてもらって、
いよいよバドミントンのサークルデビューです。
最初は心配事も多いですが、それは誰でも同じです。 同じ趣味を持った仲間です。
半年もたてば、もう立派な部員として活躍できるでしょう。